本文へ移動

学生制服のウール生地ご案内

学生服に最適な素材

日本毛織株式会社(通称ニッケ)で、より学生制服に最適な高機能ウール素材が開発されています。
着心地や風合いは従来品よりアップしつつもイージーケアで文字通り綺麗が長続きします。片山衣料では数年前より導入しており、制服販売店様およびご購入者様より高い評価をいただいている素材です。
 

MIRAIZ(ミライズ)の生地詳細とケアの大切さについて

下記リンク先ではMIRAIZ(ミライズ)の生地説明の他に、3年間きれいに着るためのお手入れ方法等、ウール生地国内最大手ならではの様々な情報が掲載されています。合わせてご確認下さい。
 
 
 
 
衣服は第一の皮膚である自分自身のお肌とは異なり、毎日変えることができます。
けれど、学校制服をサラリーマンのスーツのように何着も買いそろえる方はそうはいらっしゃいません。
だからこそ、大切に扱うことできれいを長持ちさせる。
 
例えば毎日のスキンケア【手入れ】の大切さについては、女性の皆様にとってみては当社が説明するまでもなくとてもよく理解されていると思います。男性にとってみては、・・・例えば靴などの革製品や車のメンテナンス【維持】に置き換えて考えれば重要度がわかると思います。
 
衣服・生地についても【手入れ】【維持】の大切さは一緒です。
上質なMIRAIZの制服を第二の皮膚にするという出来事を通して、お子様が
 〇物を大切に(する習慣づけ)
 〇きれいに使う(心を育む)
そんなきっかけになることを期待しています。

最適な素材②

ハイカウントサージ

ニッケ定番「4000番」サージ生地の綾目(大体45°)よりも角度を立たせる等の特殊な織物設計をすることで、表面をソフトできれいに仕上げと耐久性を実現しています。
ウォッシャブル(家庭洗濯)はもちろん、帯電防止やストレッチ性能が付加され着用者にやさしい仕様です。
 
サージ生地の綾目とは・・・三原組織の一つである綾織(斜文織)に見られる斜めストライプの織模様のこと

最適な素材③

制菌性加工の裏地

裏地生地(ツイル)については、コロナ禍による清潔を求める意識の高まりを鑑みまして、順次制菌加工素材に切り替えを進めています。
 
制菌加工とは・・・抗菌防臭加工よりさらに強い抗菌性を持つ加工技術(日本化学繊維協会HP参照
 
抗菌防臭加工素材が持つ、黄色ブドウ球菌の繁殖抑制機能に加えて、肺炎かん菌や大腸菌、緑膿菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)など人体に有害な菌の繊維上での増殖も抑えることもできます。
※2020年6月時点で新型コロナウイルス感染症に対する効果は確認されていません。
※「制菌」は「抗菌防臭」と比べると上位に位置する加工になります。
 
制服は体育・掃除の際等、脱ぎ着をするシーンが多々あります。『外面は空気清浄機・除菌スプレー・日光消毒も含め様々な除菌方法があるが内側にまで効果が及ぶものなのか?』そんな不安もあります。
制菌加工裏地を使用した制服を着用することによって、着替えの際に手や首元などに付着していた有害な菌が服の内側に付着していたとしても、菌が悪さをする可能性を減らす=不安を解消することにつながります。
 
当社では、上記のような日常に潜む疾病感染はもちろん受験時期に至るまで長年にわたっての感染リスク軽減・新しい生活様式の実践には必須の機能と考え(加工無しの裏地と比べ割高ですが)採用しています。
 
※当社サイト上での生地詳細(SEK認証番号等)掲載については商標等表示許諾申請後に行います。
※耐洗濯持続力がある生地ですが機能は半永久的ではありません。日頃のメンテナンス次第で長持ちします。
 
TOPへ戻る