本文へ移動

『中古・お下がり制服』を着用する場合

お下がりの制服はいつもらう?

3月下旬の年度末のタイミングで、『お下がりでもらった制服が手元に届いたが着てみるとサイズが合わない、というお客さんがきたので至急送ってほしい!!!』という依頼が年々増えてきています。
その時にそのサイズの在庫があればすぐにお出しできるのですが、毎回そういうわけにもいきません。
もし無い場合は至急製造することになりますが、入学式まであと僅か数日というとどうやっても時間的に間に合わない!・・・という事もあります。3月末~4月上旬は高校制服の追加製造でどのメーカーも忙しいですし、他店で買ってくださいとお断りする販売店もある、と聞いています。
 
基本的に入学式間近の制服販売店で納品予定のない商品を潤沢に積んである事は稀です。そんなところがあったとしたら(そんな経営していたら)数年で潰れてしまいます。また毎年入学式の前日に買いに来た際に『時間がなくてお金下ろせなかった。いまは持ち合わせがないけど後日必ず払う。』と言って持って帰ったはいいがそのまま音沙汰無しって事はよく聞く話なので、入学式間際に買いにくる&手持ちが足りないので後日支払いなんてバットシチュエーションが重なると、販売店側もかなり警戒します。
 
そうなるとどうしてもお下がり品を着ていくしかない。ブカブカならまだしも、どう体を押し込めても閉まらない!!となってしますと、入学式は出るのやめる、、、ファスナーやスナップが閉まらないので安全ピンでとめて出席・・・なんてケースも結構多いと聞いています。
中学校までは義務教育ですから、公私の違いはあれど子どもは皆中学校へ進みます。卒業式に着ていけば色々な進路があると一目でわかりますね
ちなみにお子様がMサイズの標準体型だとしてももらい物がSSだと着用できません。Sでも着れないか着ても身動きがとりづらいことになるかもしれません。大体同じくらいの身長だから大丈夫!と思っていても、肩幅やバスト寸法が結構違ったりすることもあります。
そのため制服の採寸(というか衣類全般)は現物試着が基本となっているくらいです。もらい物のサイズが合わない可能性はどんな体形の子でも起こりうる事です。
 
制服はハレの日に着るお祝い服という使い方があります。
成人式や結婚式に着用する振袖やドレス類、卒業式に着用していくレンタル袴と同じ役目を果たします。
制服は毎日着用する服であり、在学中の様々なイベントで着用が求められます。
(規定があるのに卒業アルバムがレンタル袴という学校さんはさすがにないと思いますし)
そして在学期間しか着用できません。
 
また一部の地域では、小学校の卒業式には進学先の中学校制服を着用する学校さんもあります。

お下がりの制服をもらうのは卒業式後のタイミングが一般的かと思いますが、様々なシーンで着用する衣服になります。
 
●●は着てても心は錦?いえ外見は内面の一番外側になります。
世の男性は昨今スキンケアをするようになり、大統領も化粧をしてテレビ映りを良くするすることで、自己PRする時代です。
 
新品を購入される予定がないのでしたら冬休みの時期などに事前に試着させてもらうなどして、サイズ(と汚れの有無)はしっかり確認されることをおすすめします。

リサイクルショップの中古制服について

近年はリサイクルショップや校内バザーなどでも中古制服を取り扱うことが一般的になってきました。そういった所で購入される方もいらっしゃると思います。制服自体は最低3年以上もつというのが大前提ですので中古品であっても、3周目4周目とかのよほど年季の入った物でなければ大丈夫かと思います。
ただ注意しないといけないことがあります。
ジャケット等の上着やスラックス・スカートの場合は成長に合わせて袖出しや裾出しウエスト出し等の後加工されている場合が大多数です。
それ以外にもサイズ加工の手段はあり、呼称サイズと現物の寸法が異なるということも多々あります。
そして同じメーカーの制服で後加工無しの製品あっても、学校に意匠権のあるデザインならともかく、一般的なセーラー学ランが指定の場合は、ある程度時代に合わせて、またはより研究が進み、シルエットやエリの大きさ等のパターン(型紙)をよりきれいに見えるように調整している場合もあり、そうなると、リユースならではの使用感と相まって野暮ったく見えることもあります。
中古屋さんで同じサイズの買い足しをする場合でも、試着できる場合は絶対試着してから購入してください。
具体的に言うと、昔から同じ感じで代り映えのしないように見える全国どこでも着用されている一般的な学ランでは、数年前のものと比べると現在製造しているものは、どのメーカー製でも現代っ子の体形や好みに合わせてスリム化していたりします。
 
女子服でもセーラー服のエリを小ぶり化&全体的にスリム化してジャストサイズに近い物を好んで着用する傾向にあります。
もちろん学校オリジナルデザインであれば、パターン変更の可能性は低いですが、それでも基本中古制服については完全に1点物の認識で着用者に必ず売り場までついてきてもらい、現物試着しサイズ確認をしっかりした上でご購入される必要があるを念頭に置くことをお勧めします。

『中古・お下がり制服』で起こった出来事

ケース1.
以前某高校の先生に
『中古制服を購入することはそれぞれ家庭の事情なので踏み込むことはないが、旧型仕様を売っているのは何とかならないものか。』
というご意見(嘆き?)を聞いたことがあります。
その学校は数年前に服装指導を徹底するため、ネクタイなどを緩めて付けないようゴム式をホック式に改めたという経緯がありました。
しかしながら学校と売買契約を結んでいないとある中古屋さんでは、古い規格の中古ネクタイを売っているそうで、知らずにそこで購入する保護者もいるそうです。
仕様が異なるのは明白なので
『中古屋で購入したそのゴム式ネクタイは今の学校の物とは仕様が異なるので付けてこないように』
と指導しているとのことです。
 
 
※中古屋さんが仕様変更を把握しているかどうかはわかりませんが、その学校付近で中古を売っているのは1店舗だけではないとのことです。違反生徒がいたら指導し、購入したお店を聞いて連絡するようにしているそうです。返金に応じるか&古い仕様の制服を販売しないようにするかはそのお店次第なのでなんともいえませんが。
ケース2.
近年は純毛(ウール100%)でドライ指定の素材を、見た目は同じのウォッシャブル素材に仕様変更する学校が増えています。切り替えてから数年程度の学校で、中古で買ったあるいはお下がりでもらったドライクリーニング指定の旧制服を、新素材のものと同じように(学校で配られた手引きに洗えると書いてあったので)家庭洗濯で毎週末洗濯を繰り返していたら、縫い目が裂けて(パンクして)きた
…という問い合わせが数件ありました。
中古制服は新品と異なり、モデルチェンジした・しないに関係なく購入者に廃棄されるまではずっと店頭に並ぶ可能性があります。
 
 
※ちなみに家庭の洗濯機にも『ドライコース』という文言がある場合があります。多分ですがそれは洗濯槽をあまり動かさずに、短時間弱水流で洗う方法です(他におしゃれ着洗い、手洗い等の名称もあります)。一方クリーニング屋さんのドライコースは、水ではなく専用の溶剤を使って洗う方法で家庭では真似できません。ですので洗濯表示にドライ指定がある場合は必ずクリーニング屋さんに出す必要があります。制服の場合、ドライ指定の服を数回洗濯したくらいでダメになる可能性は低いですが確実に生地に少なくないダメージを与えていますので、必ず洗濯マーク記載の方法でお手入れしてください。
※ジャケットやジャンバースカートなどの嵩張る大きいものは特に洗濯機の中でよじれます。必ず洗濯ネットに入れてください。
※縫い代がちゃんと残っているかは製品をバラしてみないとわかりません。ドライ指定の場合は、端をロックミシンで処理していないこともあるので、洗うたびに少しずつ抜けていき縫い代が短くなりある日突然裂け目が…なんて話はよく聞きます。
 
過去どのように使用されていたかは、外面に出ている箇所だけで判断できるわけではありません。
長年モデルチェンジをしていない学校でも、細部を変更していることもあります。
経済面や地球環境面の観点から、新品でない制服を活用することに有益な面がありますが、その一方で上記のような中古・お下がりならではのトラブルが発生する場合もあります。
ご自身の身に起こらないよう、確認された上でご使用されるようお勧めします。

『2周目』『3周目』・・・

ちなみに当社では、新品でない=中古の制服を『2周目』『3周目』…と呼んでいます。
呼び名で大体想像がつくと思いますが、
3周目制服
3周目のお直し依頼(学ラン衿の白テープ補修)
2周目 ➡ もらい物(お下がりなので着用4年目)
3周目 ➡ もらい物をもらった物(お下がりのお下がりなので着用7年目)
4周目 ➡ お下がりのお下がりのお下がり
以降続く
※新品制服は特に1周目とかいう言い方はしていません
※4周目なんて(笑)と思われるかもしれませんが、長年仕様が変わっていない学校ではまれにあります
といった感じです。
2周目まではまだ比較的きれいな品があります。ただ、3周目以降はシミも多くほころびもありちょっと着用はお勧めできない状態が大半です。ただどうしても生地は日焼けしますので、2周目の制服でも袖を付け替えると色が違ってしまう場合が多々あります(当社ではビンテージ加工はしていません)。
 
ちなみに2周目と3周目の区別は単純な見た感じです。
 
2周目の制服は(最初の着用者家庭は)新品で買ったということもあり、大事に使われただろうと推察できる使用感の物をもらってきた(又は購入した)ので、少しカフスのところほつれてて(勉強頑張ったんだろうねの跡)そこだけ交換すれば全体見た目そこまでそん色なしといった感じです。カフス程度であれば、日焼けの色差はそこまで気にはなりません。
 
ただ3周目以降の制服は『どうせ中古だから…お下がりだから…』という認識があるからでしょうか?乱雑に扱っているんだろうなぁと推察するような痛み方やシミ等多数。新品と2周目は扱われ方も違うんだろうね、、と安易に想像できてしまうくらい(製造品番を確認せずとも)簡単に判断がつきます。
 
制服は通常のアパレル衣類と比べても3年間着用必須という大原則のもと製造されていますので、基本的に耐久性があります。ちゃんとお手入れをして大事に着用していただけるのであればお下がりであっても、もっと長くきれいに長持ちさせることもできるのですが…
 
あくまで、当社に届いたお直し依頼を見ての感想ですので全てに言える事ではありません。
ご参考程度に。
※※ちなみに※※
(2019年4月2日時点)4月1日に行われる入学オリエンテーションで写真撮影の関係上、制服着用必須とされる学校さんがあります。そのオリエンテーションでお古を着ていった方がやはり新品が欲しいということで、複数件ご注文がありました。やはりほかの子と見比べるのでしょうね。
入学式の4月5日まで非常にタイトな中での追加製造となります。今回の納品は本当にぎりぎり間に合うかとは思いますが、仮にこれが4月3日注文であれば間に合いません。
『お下がりの制服はいつもらう?』でも書いてある通り、お下がりは早めの現物確認をお願いします。
 
もらい物、リユース品は1点物です。制服の場合はサイズ別注や裾出し等後加工している可能性が高いので現物合わせが必須です
TOPへ戻る