本文へ移動

制服を採寸しに行くときの注意事項

採寸時の服装について

どの採寸場所であっても、制服採寸は着せ付け(実際に着てサイズを決める)が一般的です。ただ特注寸法が必要な場合は細かくメジャーを当てることがあります。
制服採寸は秋から寒い冬の時期に行われることが一般的と思います。
おこなう場所は、
 
〇取り扱い販売店
〇学校の指定する施設内(多目的室、体育館、貸会議室等)
〇自宅に販売業者さんが来てくれる
 
このようにお住まいの地域や販売店、通う学校によって様々形態があります。片山衣料でも納入業者として協働組合さんや契約校さんのところにスタッフとして毎年手伝いに行っています。
自宅内やちゃんとした設備のある販売店に行く場合は基本的には何の問題もありません。
ただし、学校の体育館や公民館等の公共施設で採寸される時には、お子様の着ていく服に注意が必要と感じています。
 
中でも体育館は要注意。広く空調もない環境ですので寒く、皆それなりに着こんできます。そこでよく見る格好がパーカー等のフードがついている服、(体形のわかりにくい)モコモコした素材の服です。学ランやイートン服、セーラー、ジャケットいずれの採寸についても着ているものを脱いでもらわないとしっかりとした寸法取りができませんが、近年は保温性のある衣類も多く出回っている関係か、アウターを脱いでしまうとほぼ下着姿になってしまうというパターンが多く、着替えに苦労します。
四方を覆うしっかりとしたフィッティングルームがあれば問題ないのですが、簡易的なパーテーションしか用意されない会場もあります。
 
そんな場合を見越して、おすすめの格好は
 
〇小学校・幼稚園園服採寸では、薄手のインナーと脱ぎやすいアウター
採寸要員より保護者様が着替えさせたほうがお子様が安心する(知らない人は怖いですよね)関係上、脱ぎ着をお任せする場合が多々ありますので、前開きファスナー等の保護者様が『着替えさせ易いな』と思えるアウターであれば大丈夫です
幼児の場合、病気に対する耐性もまだまだ低いので空調完備の部屋で行うのが一般的ですから、基本的には問題ないとは思います
中学校の場合は制服の下に体操着を着こむことが多い(衛生上別のインナーを着る事を推奨する学校さんも有)のでその格好で採寸すると着た感がかなり近くなります
〇中学採寸では小学校の体操着(又は近い服)の上に
 ジャージやウインドブレーカー
 ※ただしあまり汚れていないものでお願いします
 
〇高校採寸では中学校制服
を着ていくことです。
ジャージ&体操着であれば、パッと脱いで見本を着ることができる&実際の着用シーンに近い感じとなります。中学校時の制服は今のサイズ感と高校制服のサイズ感の違いを確認でき、裾出ししたかどうかを確認し伸びしろを想定しながら選ぶことができる(あと大抵制服の下に短パン類を履いているので問題なく着替えができる)という利点があります。
※ただ、かぶり型セーラー服の場合は薄手インナーしか着ていない子が多いので注意!セーラーの上にジャケットを着てもサイズ感はわかりませんので、中にもう一枚着こみ脱げるようにして下さい。
一方私服の場合だと、アウター脱いだら下着になるので恥ずかしいからちょっと・・・ということで、奥のほうで借りた体操着を着てもらってから・・・というシチュエーションがよくあります。
また、スカート採寸は校則の関係上膝位置を見ることが必要になるので、測る人によってはタイツ類を裾からめくり膝を出すことがあります。なぜかというと、学校によっては入学時の服装検査で立ちヒザで背を伸ばした状態で、スカートが床にべったり6センチ付かないと校則違反!という学校さんもあり、シビアな測り方を求められるからです。
(風紀の先生の考えによっても基準が変わりますので、過去はOKでも翌年から急に厳しくなったりもする)
 
男子も、スラックスを履く際に、会場まで履いてきたのを一旦脱がないといけません。
 
 
前で下着を見せるのがちょうど恥ずかしくなってくる年頃ですので公共施設で採寸する学校の場合は(事前に入学オリエンテーション等で説明があるかとは思いますが)ご留意ください。
 
 
※※ちなみに※※
2019年3月時点 現場採寸スタッフから

未来の採寸会は・・・?

後の制服採寸はもしかすると近い将来、某ネット通販最大手の体形計測スーツや写メで自動計測するアプリ、その他の計測器具を使って瞬時に計測することが一般的になってくるかもしれません。制服の場合は伸び代も考慮しサイズ決定するのですが、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、MR(複合現実)等、加速度的に進化しているので、私服の状態で瞬時にヌード寸法を計測しつつも、同時に成長を考慮したサイズ感を提案できるようになっているかも??
 
現在は一部の学校でネット経由で購入する仕組みを取り入れているところもありますが、今後はIT技術の発達で自宅のテレビや姿見にAR画像を映しながらサイズ選びできるようになることでそちらが主流になるかもしれませんね。モニター上では、3年後の成長した自分の姿を数パターン予測し映し出しているかもしれません。
そこまで体制がとれていれば24時間採寸受付が可能になるので、都合のいい時間にログインし採寸するようになるでしょう。
 
それともAIがビックデータを活用&音声ガイダンスで質疑応答で提案できるようになる?または人体に埋め込んだICチップから身体データを読み込んで?それとも服がジャストサイズに自動的に伸縮する?
どうなっていくのかわかりません。採寸会自体が無意味・・・まではならないでしょうが、あまり必要なくなるかもしれませんね。
 
ただそんな未来の出来事が一般的になるまでは、行く時の服装に気を使ったほうがいいのは確かです。
 
 
※※ちなみに※※
2019年7月追記
2019年5月追記
2019年3月追記
2018年11月追記
2018年9月時点

会場に姿見(スタンドミラー)がなかったら

大抵の出張採寸は会場に姿見まで用意していないので、せっかくの着用感・サイズ感を目で見て確認できないというシチュエーションが多いです。
そんな時は、一緒に来てくれた保護者さんがご自身のスマホで写メを撮ってもらうのをおすすめします。会場でだけでなくご自宅に戻ってからも写メで着用感の確認ができますよ。
 
 
ただし注意事項!
会場によっては、隣や向こう側にも着替えている生徒さんがいるかもしれません。
マナーを守っての行動が大原則になりますので、写メを撮って確認したいときは
 
  • 会場スタッフに確認しOKをもらう
  • 他の子が映らないよう(&映されたと思われないよう)壁際で撮る等、背景に注意する
  • 撮るときは会場スタッフ立ち合い時のみ
  • (当たり前ですが)我が子以外は撮らない
 
上記は必ず守ってください。
 
また、会場レイアウトやその時の混雑状況やスタッフの考え方によっては、必ずしも写メOKになるわけではありません。パーテーション等で区切られていて個別のブース内や採寸者1名・保護者1名・会場スタッフ1名の計3名以外会場にいない(または順番待ちで控えている)状況を想定しています。
 
基本的に採寸会場は不特定多数の方が脱ぎ着を行う場所ですので、どこの会場でも本格的な撮影機材の持ち込みについては確認するまでもなくNGです。
撮影会場ではありませんので、合わせてご了承ください。
 
体育館の採寸は、寒いのは朝一だけで、子どもたちが集まるとどんどん暖かくなっていきます。冷え性の保護者さんはスリッパ必須です。
TOPへ戻る