本文へ移動

幼稚園園服のお手入れ方法について

3年間使用する園服や体操着はお洗濯の回数も多くなります。
きれいに長く使うため、一般的な幼稚園園服のお手入れ方法をまとめました。ぜひご活用ください。

〇男女制服・スモック (ポリエステル100%、ポリエステル混率の多い商品)について
ポリエステルは丈夫でしわになりにくく速乾性のある素材ですが、カバンを背負ったりするとどうしても摩擦で毛玉が発生しやすくなります。ただ実は、毛玉自体はどんな生地でも摩擦で発生します(生地について残っているか落ちているかの違い)。毛玉を見つけたら絶対に手で取らず、ハサミなどで切り取りをお願いします。
お洗濯の際は、そのままほかの洗濯物と一緒に洗うとどうしてもこすれますので
・洗濯ネットに入れる(裏返してボタンをとめた状態で入れるようにする)
・柔軟剤を入れる
・おしゃれ着洗いモードなどの弱水流で洗う
上記のような摩擦減らす工夫で、毛玉の発生はぐっと少なくなります。

〇体操着・靴下について
体操着は、汚れに強く洗濯耐久性のある特殊加工をしていますので市販の粉末洗剤を使ったお洗濯でOKです。泥んこになっている場合は、部分洗い用洗剤などでもみ洗い落とした後につけ置きし、そのあとは通常の洗濯をしてください。
ただし校章などの刺繍がついている場合は要注意!刺繍糸は塩素系漂白剤を使うと色落ちします。漂白が必要な場合は酸素系漂白剤をご使用ください。

〇帽子類について
雨などでぬれた場合、そのままにしておくと糊が浮く、型くずれの原因になります。
すぐに乾いたタオルで、帽子の内外を包み湿気を取ってください。その後乾いたタオルを入れ替え日陰干しをしてください。
麦わら帽子をブラッシングをする場合は帽子を正面に見た状態で左右にかけるようにしてください。帽子の製造工程と同じ向きにかけることで形がキープできます。

〇カバン類について
金属類が錆びますので丸洗いができません。軽い汚れは乾いた布で優しく落としてください。
汚れがひどい場合は中性洗剤を水で10倍に薄め、布などにつけて落としてください。
その後固く絞ったタオルなどで洗剤を完全にふき取り陰干ししてください。
TOPへ戻る