本文へ移動

ピリングについて

制服に使われているウール素材について

ピリングとは着ているときや洗濯の時にこすれたりして、衣類の表面に毛玉ができることを言い、多くの場合見た目が損なわれます。セーターやカーディガン等のウール製品やポリエステル製衣類でも多いですね。綿や絹は繊維が短いので玉になりにくいとは言われています。
そんなピリングはとても複雑なので、全くできないようにすることは保証できません。ただ、表面に出るピリングを極力少なく抑える方法はいくつかあります。また、出来てしまったときに取り除く方法もあります。

〇制服は裏返してネットに入れ単品で洗う

洗濯をする前はポケットの中のものは取り出して外せる付属品(チェンジボタン等)は外し、ファスナーがあれば閉めておきます。その後、全体をブラッシングしネットに入れ単品で洗います。
洗濯機の中で他の衣類や制服の付属品にこすれることでピリング原因となるのでこの方法で発生を抑えます。

〇柔軟剤や柔軟仕上げ剤の見直

柔軟剤の成分がウール繊維の撚り(ねじって糸にした繊維の束)を緩めてしまう可能性が、日本毛織より報告されていますので、ウール製品用等の繊維に合っていないものを継続使用しますとピリングが発生しやすくなる可能性があります。

〇毛玉があまり多くできていなければ通常はハサミ等で取り除く

手で取ると毛玉以外の繊維も一緒に取れ穴が開く可能性がありますので、市販の毛玉取り機やファブリックシェイバーを使用するようにする。
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Shop and ship from Japan
TOPへ戻る