本文へ移動

ウール製品のお手入れ方法について

制服に使われているウール素材について

ウールがふんだんに使われた制服のお手入れ方法を知っておくことは、汚れや臭いから守るだけでなく、制服の「キレイ」を長持ちさせることにも役立ちます。日本毛織から教わった天然繊維であるウールがもっている、しわになりにくく臭いが付きづらい特質を生かした新品時の風合いを保つお手入れをまとめました。

〇ドライクリーニングはどうしても必要なときのみ

たまにであれば、制服をドライクリーニングに出してもそれほど痛みません。しかし、多くの人がクリーニングをしすぎるという失敗を経験しています。クリーニングのし過ぎはウールの繊維を弱くし、色褪せさせる可能性があります。

〇ドライクリーニングよりブラッシング

上質のスーツ用ブラシに投資して、脱いだあとの制服には必ずブラシをかけましょう。そうすれば傷めずに臭いの元となる埃や塵を落とすことができ、通気性もよくなります。

〇ローテーションで保護

上制服の場合は一昔前のように替えを購入するご家庭はめっきり減りましたが、本来は生地を休ませるためにローテーションさせることが推奨されます。同じくウール素材のサラリーマンのスーツの場合は、昨日着たスーツを2日連続して着ないようにします。

〇吊るして呼吸させる

制服は脱いだらすぐに吊るして風を通します。そうすることで臭いの付着を防止します。
使わないときは布製のスーツバックに入れしまっておくことが推奨されます。プラスチックやキャンバス地とは異なり、布は制服を虫から守ってくれるだけでなく通気性もよくなります。

〇しわ伸ばし

シャワーの蒸気が立ち込めるバスルームに吊るしておくだけで、しわが伸び不快なにおいも消すことができます。その後はしっかり風を通して乾かしておきます。
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Shop and ship from Japan
TOPへ戻る