本文へ移動

片山衣料のブログ

パルクルを設置しました

2022-07-30
更新情報とお知らせでも書いた通り当社敷地内にPULCLE(パルクル)を設置しました。 
設置場所は元々工場脇のブロックフェンスで仕切られていて、土間コンクリートを打ってはいましたが隙間から雑草が生えている状況で何も有効活用していない感じでした。そのブロックフェンスに度々通行車両のミラーがが接触する(当て逃げです)のでフェンスも傷だらけ、下のブロックも欠けたりヒビ割れが目立っているよね…と地震が来ると非常に危ない感じになってきたのでなんとかしないと、というのが発端です。
また同じように施工する案もあったんですが、車がぶつかって同じことになるしそもそも工事費用も高くなるしということで、ぶつかっても交換しやすいプランターを工場緑化を兼ねて置く前提で、土間打ちのみで計画していました。でもそこにPULCLE(パルクル)も設置したら面白いんじゃないか?ということを思い立ったという経緯です。自動車では狭い道or気づかずに素通りしてしまう場所だけど、徒歩では距離があって大変、そんなところにも魅力があるスポットはたくさんありますから。

あと設置場所は道路面とは段差があって基本車の乗り入れはないと思いますが、できないわけではありません。ですので次はやっぱりプランターを設置予定です。このあたりは時間かかるかもですが、少しずつ調整していくので完成はもう少し先になると思いますが。PULCLE(パルクル)設置場所をオープンスペースとして憩いの場…まではいかないですが、「へぇ便利になったな」と思ってもらえれば幸いです。

あと、このシェアサイクルの事業は静岡市限定でなく全国各地であります。


ですので、静岡市外のサービス提供地域にある当社納入先制服販売店にも「こんなサービスありますよ」と連絡していたりします。設置に関しては無償のため設置元には一切収益はありませんし、集客→制服購入につながるかは謎ですが面白そうですから。制服以外のアイテムも売ってるお店さんなら効果も高いかもしれません。

経産省で事業再構築補助金が出ているように、現在あらゆる業界で業態転換、事業・業種転換、事業再編等々が起きています。シェアサイクルの設置がきっかけとなって、他のサービスを思いつくかもしれませんし。というのも多分今後は制服のみの販売で小売店やっていくのは大変になると思っています。制服モデルチェンジによる小ロット多品種化による利益の圧迫と少子化の影響で「昨年同売上だと減益、微増になっても減益」という話を複数店舗から聞くので。
TOPへ戻る